WordPressのサイトを立ち上げてからしばらくたって、GoogleAdsenseも入れてみましたが・・・
現状はほぼ収益はないです。

原因はわかっています。手を入れていないからです。

記事の量、質、SEO対策はもちろん全くできていない項目ではあるんですが、
もっと致命的な問題がこのサイトにはあるんです。

それは、広告の位置。

広告は、アフィリエイトの命です。
まず、リンクがうまく活用されていなければ命どころか邪魔なだけです。広告に刺されて死にます。
リンクが活用されるためには、目を引かなければいけませんし、目を引くために記事を分断してしまっては不愉快なだけです。不愉快な広告はサイトの価値も一緒に落とします。

広告は目の端で気になるイケメンホストでないとならないんです。

  • 記事の邪魔しない
  • 確実に目に入る
  • 興味を引く

広告バナーさんのいるべき位置はズバリ、

  1. 記事の直下
  2. 記事の段落間の一息タイム(記事に飽きてくる頃?!)
  3. 大穴狙って記事の前

大御所サイトさんは必ず入れてる場所だと思います。

でも、毎回入れるのは面倒くさいので。
プラグインで解決してみました。

指定した場所にソースを挿入してくれます。嬉しいですね!

下記のキャプチャーは、

「1記事を表示するページ」の「投稿記事の前」にhtmlを挿入する設定になっています。

 

SEOに準拠したhtmlはだいたい形が決まっています。
PostとContentはどう違うの?という質問を見かけましたが、
Postは投稿したものすべて。Contentは文章部分になります。

なので、インサートする場所を指定するときに、
Befor Postにするとタイトルの前に、Befor Contentにすると記事の前(タイトルなんかの後ろ)に黒い部分に記入したhtmlが入るんですね~。

今回はここに無理やりスタイルを設定して、「スマホの時には表示されるけど、PCの時には表示しない」レスポンシブという仕組みを入れてみました。
レスポンシブはウインドウの横幅でデザインを変えるCSSの仕組みなので、PCの人はウインドウの横幅を小さくしてリロードしてみてください。上部に広告が表示されるはずです。

モバイルとデスクトップPCではデザインが違うので、「邪魔」と感じる場所は違うんですよね・・・。

このプラグイン、かなり優れもので「記事の途中でおおよそ何割くらい進んできたところの段落の後ろ」とかにもhtml挿入できるんですよ!
しばらく使ってみて位置を変えてみたりずらしてみたりしたいと思います!

ていうか、自分のためのテンプレート作りたい・・・。

↓ブログ村、まだあったので登録してしまった!
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村